DIY店舗改装サポートの工務店 green建築工房 TOP > 遊びと建築 > 遊びと建築

遊びと建築

2015年03月26日
投稿者: カテゴリ:遊びと建築 タグ: 

『遊びと建築』と聞いてもパッとイメージしにくいですよね。

ここで言う『遊び』には2つの意味があります。

1.遊びゴゴロのある空間

2.遊びの為の実用的な空間

ちょっとわかりにくいですよね…

 

「遊びゴゴロのある空間」というのは、空間そのものが楽しい、わくわくする、感じです。

例えば、壁や床が変わった材料で出来ていたり、柱が枝のついたままの木だったり。

そこにいるだけでわくわく感のある空間です。

 

一方で「遊びの為の実用的な空間」というのは、趣味の為の部屋みたいなものです。

例えば、釣りが趣味だったら、いろんな道具を片付ける収納や仕掛けをつくる作業スペース、魚をさばけるシンクがあっても楽しいですね。

サーフィンが趣味だったら、やはりガレージの横にサーフボードやウエットスーツを洗えるスペース、大きなボードを片付けられる棚は必須ですね。

空間そのものにわくわくするというより、遊び道具の一部としての空間。

 

どちらも遊びと建築です。

green 建築工房のコンセプトは『遊び』

『遊びの空間』 をつくることは

『家族や仲間が集まり、わくわくできる幸せな時間』をつくること。

建築を通じて、ハッピーな時間を提供できたらと思っています。

 

 

お客様インタビュー
お店の内装はコンセプトを表現するためにはとても重要なポイントです。重要なポイントであるからこそ聞けるエピソードをお伺いしました。
詳しくはこちら
green建築工房について
オーナーの価値観や想いがつまったコンセプトじゃないと人は集まりません。コンセプトが変わるからこそ、お店の未来が変わります。
詳しくはこちら
お問い合わせ
遊びと建築のトップへ